返回列表 回復 發帖

orobianco-outlet.asia-オロビアンコ アウトレット14093084

 彼女に出来るのは、瞳に涙を浮かべつつ、後頭部の激痛に耐え――その身を地べたに這いつくばらせる事のみ。オロビアンコ バッグ
 雨足は次第に強さを増し、容赦なく瑠唯の小さな体に降りかかる。「ぐっ、うっ……」 どうして両手足がいう事を聞かなくなったのか、瑠唯には分からない。
 けれど世莉樺には、ある想像が付いた。 恐らく、先程負った後頭部の外傷の所為ではないだろうか。オロビアンコ 店舗
 それが起因し、瑠唯の手足を動かす機能に障害が生まれたのだと、世莉樺は思う。 けれど、冷静に考える余裕など、世莉樺には残されていなかった。
「お母、さんに……謝りたいのに……!」 絶望や恐怖に苛まれる中――瑠唯が思い浮かべていたのは、自身の母の事だった。 ただ一人の家族だった母に、自身は嘘を吐き続け――その結果、仲違いをしてしまった。 だから瑠唯は、謝ろうと思っていたのだ。 けれど、もしこのまま死んだら――謝る事など、出来る筈が無い。 それにもう二度と、母に会う事も、母の顔を見る事も出来なくなる。「お母さん、おかあ……さん……!」 無情にも、残酷にも、雨音が瑠唯の力無い言葉を吸い込んでいく。 どれ程力を込めようとも、瑠唯の両手足は泥の中を微かに動くのみ。「う……っ……」 恐怖と絶望の中――瑠唯は血液と共に、自身の命が流れ出て行くのを感じる。 自身の命の炎が、消えかかっていくのを理解していた。 最後の最後まで、瑠唯は母を呼んでいた――声が出なくなっても、心の中で呼び続けていた。 どれだけの間、泥の上に伏していたのか。 どれだけの間、後頭部の痛みに耐え続けていたのか。 どれだけの間、恐怖と絶望に苛まれ続けていたのか。 どれだけの間、冷たくなる自分の体温を感じていたのか。http://www.orobianco-outlet.asia(! 寒い……) 雨が打ち付け、さらに水溜りに寝そべっている事も重なり、瑠唯の体温は奪われていく。オロビアンコ アウトレット 流れ出て行く血液、身動きの出来ない体、下がっていく体温。 瑠唯の頭に、恐ろしい言葉が浮かぶ。オロビアンコ 名古屋「死ぬ、の……? 私……」 その言葉は、『死』という一文字。 小学生の瑠唯でも、自身が置かれている状況を理解出来たのだ。 ここは人気のない裏山で、しかも天気は雨。 誰かが助けに来てくれる可能性など、無きに等しい。「やだ……やだ、よ……!」オロビアンコ 名古屋 泥の上に伏したまま、後頭部から血液を溢れ出させながら――瑠唯は力無く発する。 瑠唯が抱く絶望が、死への恐怖が、世莉樺にも伝わる。
Related articles:

  
   http://ly.sdnews.com.cn/shilipu/E_ReadNews.asp?NewsID=237
  
   http://sj.sanya.gov.cn/E_Type.asp?E_typeid=17
  
   http://kuucity.com/
返回列表